新入社員研修にてファシリテーター役として関わってくれた中堅リーダーの皆さんに集まっていただきました

春、大雪の富士の麓で行った新入社員研修。
そこに各参加チームのファシリテーター役として関わってくれた、その会社の中堅リーダーの皆さん。
普段は、北海道や新潟など、地元地域の現場職をされているので、本社が東京にあっても、なかなか集まれない。

夏子たっての希望で、どーしてもあのファシリメンバーに会いたいと人事の方に無理を言い、振り返りと称して月曜日、東京に集まっていただきました。
この初代ドリームチーム無くしては、今回の研修成功は無かったわけで、、、

もー、10人誰1人欠けずに集まって、笑顔を見せてくれるだけで泣けるわけです。(早い!早い!とつっこまれる笑)

中堅社員を集めたリーダーシップ研修にて、
新入社員研修のファシリテーターとして来てほしいメンバーを選抜。

年齢は20代〜50代、担当地域もバラバラ、本人達もリーダーシップ研修で初めて顔を合わせたメンバー。
振り返りで「なぜ僕が選ばれたのか??もっと最適な人がいたんじゃないか?」の問いに、私が答えたのは、
「関わり方が正しいか正しくないかはどうでも良くて、
人を育てることに、真剣に悩める人かどうかで選んでるんです。」
この答えに、当日悶絶するほど悩みながら関わってくれてた、みんなの地に足がついた。笑

後日談にもとにかく感動する。

研修後の早朝5時。
自分たちのチームのファシリテーターが先に帰ると知って、新入社員のチーム全員が玄関先に見送りに出て来ていた話。
中堅社員のファシリテーター達も、新入社員が配属される全国の部署の所長さん達に、電話やメールで、あの子達をよろしくお願いします。と、普段管轄外の部署に連絡をそっとしてくれていて、 所長さんから、「他のファシリテーター役だった方からも連絡もらったよ!」と笑って教えてもらったり、
私達の研修後、参加者の1人が具合が悪くなって、その後のマナー研修を受けれず、担当ファシリテーターに病院に連れて行ってもらっていたら、病院の待合室で、マナー研修出れないぶん、ここでお辞儀や挨拶の指導をしてほしい!と申し出て、2人で泣きながら練習したり、
いろんなところでいろんな変化が起き始めているようです。

はーもー、感動する!!
雪深かった富士の麓にも、花が咲いているように。

6/17【実施報告】LEADER’S FES!にてグラフィックファシリテーションを行ないました

LEADER’S FES!にてグラフィックファシリテーションを行ないました。


以下、実施後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

6月17日土曜日。
盟友上田 雅美のチャレンジを応援すべく、私のもとでグラフィックファシリテーションを学んでくれた仲間達を集めて、
リーダーシップのカンファレンスでチームで描いて来ました。
https://leaderjuku.jimdo.com/

そう、土曜日なので、
私はNHKの放送の後、駆けつけると、
仲間達が、嬉しそうにイキイキと描いて来たグラフィックと彼女達の姿があって、
なんかもう、それだけで達成感でした。

2日前のスカイプ打合せでは、
ロジスティックな話は殆どせず、
「心で描け!」「講演を聴く一番の感動屋さんでいるんだよ!」と、スカイプ打合せで、お客様先の会議室にもかかわらず、円陣組んでるかのようなテンション。笑
でも、それがちゃんと託せて、嬉しかった!

これは、誰が描いたグラフィックなのかが、一目瞭然な、それぞれの「らしさ」のある画風になってくれたことが何より嬉しかった。
1人で描くのではなく、チームで描く面白さや新たな可能性もたくさん感じてもらいながらあの場をみんなで経験できたこと、
新たな財産になりました。

カンファレンスにて、
リーダーシップとグラフィックファシリテーションをつなげて最後、一言お話しさせていただいたのですが、
場を人を、自分の心で感じて、それを表現していく。で、どうですか??と投げかけていく。
グラフィックファシリテーションは、一人一人のリーダーシップを見える化した姿でもあるんだなと思っています。
みんな、感じることを恐れがちだけど、思い切って開いて感じてみたことを、誰かに何かの形で伝えることこそ、人への影響は生まれるんだろうと思います。

6/13【実施報告】パナソニック様にてグラフィックレコーディングを行ないました

パナソニック様にてグラフィックレコーディングを行ないました。


以下、実施後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

本日は、パナソニック様で、600人もの方々が参加するプロジェクトのオープニングとして丸一日、グラフィックレコーディングをさせていただきました。

畳一畳分よりも一回りくらい大きなパネルに12枚。笑
描ききりましたよ!!

今回のグラフィックレコーディングの実施にあたり、ご依頼頂いた部署の方々が、事前に東京までグラファシ講座(アドバンスまで!)受講しに来てくださり、
吟味に吟味を重ね、、、

当日、如何に600人の方々に必要なインパクトを与えられるか?を、それはそれは丁寧に議論を重ね、
発表者と参加者が双方向になるためのツールとしてご紹介や段取りを丁寧に組んでくださり、、、
しかも、描いていた会場には400人。
それ以外の会場に150人と50人という多元中継の中、
1枚描き終わるたびに、写真を撮って他の2会場にそのデータを送り、大型出力に走って、他の会場に貼り出して下さった方々がいて、涙
今日1日の最後に、振り返りとして、畳12枚、全てのグラフィックレコーディングを中継カメラで追いながら、大切に解説くださいました。
(NHKの深読みで紹介してくれるアナウンサーを観て練習して下さったとのこと。涙)

パナソニックの沢山の沢山の方々の緻密な段取り調整と、努力と支えがあって、今日のグラフィック達は、パナソニックに嫁ぐ事が出来ました。
あぁ、これが日本企業の素晴らしさなんだなぁ〜と、ひたすら感動。
会場の方々の拍手が鳴り止まんばかりだったこと。
参加した沢山の社員の方々が、僕も描いてみました!と、グラフィックに貼ってくださる付箋に絵を描いて下さっていたこと。
「久しぶりに、自分が演劇やってたことを思い出した!」とグラフィックを見ながら語って下さった参加者の方がいたこと。

右脳全開で殴り込みに行った様な私達の想いを、
ガシッと受け取ってくださいました。
なんとも言えない、最高のご褒美です。

また会いに行きます!
ありがとうございました。

8/5 グラフィックファシリテーション講座(基礎1日編、アドバンス1日編)@大阪

今後のグラフィックファシリテーション講座の予定です。
企業内研修ではなく、個人講座としては、初めて大阪で開催します。

先週まで、ドイツでグラフィックファシリテーションを学んで来て、日本との言語や文化の文脈の違いから、より、日本で必要な対話の在り方やファシリテーションの在り方が明確になって来ました。

ぜひ、さらにパワーアップした講座のお楽しみください!
関西方面の皆さん、どうぞよろしくお願いします!

【基礎編】8月5日(土)13:30〜21:00
http://www.kokuchpro.com/event/wsdl20170805/

【アドバンス編】8月6日(日)10:00〜17:30
http://www.kokuchpro.com/event/wsdl20170806/

ビカブロアカデミーのビジュアルストーリーテリングの講座に参加しました

へっっ??と言う間に 瞬間的に終わってしまった、涙
ビカブロアカデミーのビジュアルストーリーテリングの講座。

でも、面白かった!!

私にとっては、感情の新たな表し方や、利き手の逆を学ぶ機会となりました。
言葉の壁や文化の違いや、言い訳してたのは、自分が出来ないことを受け入れることから逃げてただけなんだと痛感。
学びと共に痛みも十分感じながら、成長できる種を貰いました。

参加メンバーは、ドイツ人の他に、デンマーク、オランダ、ベルギー、サウジアラビア、、、そして、日本。
コーチ、リーダーシップやチームビルディングのトレーナー、大学教授、地域創生のファシリテーター、障害を持つ子供達の支援者、、、と、語り合ったらそりゃもう一週間くらいかかりそうな仲間達。

トレーナーの3人も、それ以外の方々も、本当におったまげる程ホスピタリティに溢れ、優しかった。

ベーシック講座も受けずに、通訳アシスト連れて、ピンポイントでやって来た、変わり者の日本人を、みんなみんな優しい眼差しで迎えてくれた。
初日のチェックインの時点で、何とかここに辿り着けて、彼らの優しい眼差しと目が合っただけで、涙が出たよ。

最初のグランドルールで
「みんな違う星から来てると思って尊重し合ってね。」という粋な表現に、夏子星から来た私は心底安心した。
夕食の懇親会には、トレーナー達が自分の子供達を連れて来てくれて、うちの子と同じ歳くらいで、めちゃめちゃ可愛かった!
とーちゃんと2人でキックボードで自宅に帰る後ろ姿、ムチムチ具合まで、そっくりや。笑

語りたいことは色々ありますが、、、
明確な構造化を先にやって行くビカブロのプロセスは、
言語の並びの順序とも影響してるかも…というHaruno Fujitaちゃんの推測に、かなり合点がいった。
最後まで聞かないと結論がわからない日本語の話し方と、
最初に主語 動詞で結論を言う欧米の話し方では、
対話のプロセスが違っても良いのかも。(希望)

トレーナーの3人に、
「また来るよ!」と、言ったら、
「僕らが日本に行くよ!」と、言ったので、
「おー、そりゃ良いねー、来て!来て!」と言ったら、
その後、私が帰った後、
「夏子が日本に呼んでくれる!」とウキウキして他の人に言ってたようなので、
ちょっと企画を考えてみようかな。。。

品質を保つ為、かなり厳密に描き方を教えてくれるのだけど、
結局最後まで、夏子節炸裂で、苦笑されてばかりだったけど、
まー、いいさ。
成長の種はしかと受け取ったので、ゆっくり水をあげながら、自分の中で統合させたいと思います。

出発日が結婚記念日だったことも、めぐっち田村 恵に教えて貰うまで、すっかり忘れ、
この1週間、エッジの効いた子供達2人をワンオペでみてくれた藤田 貴久ふじふじと、
「お土産は、イチゴアイスがいい〜!」と首を長くして待っててくれた子供達と、
今回のチャレンジに、全面的に背中を押して準備を進めてくれた池田 育弥ちゃんと、
2週間前のナンパにも関わらず、介護状態の様な私の通訳や旅のコーディネートを引き受けてくれた天使の様なHaruno Fujitaちゃんに、
たくさんのたくさんの感謝を。

羽田から、NHK直行終えれば、
愛しい家族に会えるっ!!
さーーーーー、頑張るべー!!
(ドイツの搭乗口より)