7/21【実施報告】とある大手企業さまの新任管理職の方々に変化を起こすリーダーシップについて対話を2.5日間ひたすら行なっていくファシリテーションを実施しました

とある企業様にて、リーダーシップについての対話会を実施しました。


以下、実施後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

とある大手企業さまの新任管理職の方々に変化を起こすリーダーシップについて対話を2.5日間ひたすら行なっていくファシリテーションを実施しました。

濃かった。。。と、言いたいのは私じゃなくて受講者の方々でしょう。。。

よくぞこのキャラの濃い私とどっぷりディープな対話で、自分自身の恐れや未知の世界と向き合ってくれたなと、感謝でいっぱいです。
そして、このプログラムを設定してくださった企業さまの懐に恐れ入りました。

変化を先導するって、変化に対応することなのか?それとも自ら変化していくことなのか? そんな素朴な問いを受講者の方が投げかけてくれたことで、皆んなが自分に近づけて対話を始めた瞬間が素晴らしかった。
この問いを場に声に出すことから、もう彼らのリーダーシップは始まっているなぁ〜〜と。

まだまだ熱い対話は8月頭まで続きますが、私自身も自分を使いながらその場に寄り添い続けたいと思います。

この3日間終えた足で向かったNHKの打合せは、ヘロヘロだった。。。汗
こっちも寄り添いますっ!

7/17【実施報告】探究学舎さんで親子向け講座を行ないました

探究学舎さんで親子向け講座を行ないました。


以下、実施後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

本日、探究学舎さんでの親子向け講座、無事終了しました。
告知開始からマサに2時間ジャストで満席になってしまった、この講座。
冒頭お伝えしたのは、
「今日のノート術は、綺麗に分かりやすく書くことを目的にはしていません。もしかしたら親御さんが見て安心する様なノートの取り方にはならないかもしれません。大事なのは、学んでいることを自分に近づけて、記憶に刻むこと。」
さすが、探究学舎に通わせている親御さん達は、分かってくださっていました。

今の公立の小中学校では、授業中のノートを取るのにいろんな色を使うのは禁止のようですね。
もうこのこと自体が私にとってはとても残念だなぁと思っています。
学校では、主体性!自主性!とうたわれながらも、自分達が自由にノートを取ることすら許されていないなんて…涙
残念がってても仕方がないので、やれる範囲の中での感じ方、表現の仕方のオリジナリティをお伝えしました。

ビックリしたのは、子供達の集中力。
3時間の講座、
途中で休憩いらないの??と聞いても、
みんな大丈夫!進めて!!と、
集中力切らさず夢中でいてくれたこと。
これには感服でした。
今回はトライアルだったので、またみんなの想いを大事に紡ぎながら、ブラッシュアップしてお伝えできればと思っています。

みんな可愛かったなぁ〜〜
ありがとうございました!!

※写真3枚目は、アシストしてくれた沖藤 めぐみちゃんのノート。
写真2枚目は、参加してくれた子が描いてくれた私の後ろ姿。笑

7/15 【実施報告】大隈塾にてグラフィックファシリテーション講座を行ないました

大隈塾にてグラフィックファシリテーション講座を行ないました。


以下、実施後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

今週末は、大隈塾にてグラフィックファシリテーション講座を開催。
http://stonesoup.tokyo

いつものNHKニュース深読みの放送後に飛んで行きましたよ~!

そうそうたる方々が講演するステージで、私なんぞが良いのかしら??と思いながらも、ビジネスの現場での右脳の可能性について、体験しながら学んでいただく内容にしました。

今回も楽しかったです!
みなさん、ありがとうございました!!

7/5【実施報告】日本のtwitter社さんにてとあるプロジェクトの伴走をグラフィックファシリテーションで定期的に行って来ました

日本のtwitter社さんにてとあるプロジェクトの伴走をグラフィックファシリテーションで定期的に行って来ました。


以下、実施後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

日本のtwitter社さんにて。
会議をクリエイティブにしたい!!と、社長のリクエスト。
とあるプロジェクトの伴走をグラフィックファシリテーションで定期的に行って来ました。

オフィスはハイセンス。twitterカラーやマークがそこここに散りばめられていて、働く方々も皆んな優秀でおしゃれで垢抜けてる(もうこの言葉使ってる時点で、私はおばはん…)。
プロジェクトミーティングも順調に進んでいるかのようで、、、いて、、
ファシリテーションしてる私に、違和感のシグナル。

思わず、「ちょっとグラフィックファシリテーションの帽子を脱いで、別の帽子被らせてもらいますね!」と、
最終回残り1時間で、ワールドワークを始めてしまった。笑

とっさに今回お声かけくださった人事のトップの方に、
「違うファシリテーションしますが、大丈夫ですか?」と聞くと、
にんまり笑って、「織り込み済みです!」と。

ありがたい。
本当にありがたい。

目先の結果や成果ではなく、
本当に彼らにとって必要なことを
導くことにコミットしてくださっている。

こうやって関われる企業さまの伴走が
働き甲斐の今日この頃です。

6/28【実施報告】中野区立緑野中学校の先生達にグラフィックファシリテーション講座を行いました

中野区立緑野中学校の先生達にグラフィックファシリテーション講座を行いました。


以下、実施後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

今日は、中野区立緑野中学校の先生達みんなに、
グラフィックファシリテーション講座を行いました。

この場をコーディネートしてくれたのは大塚 隆司さん。
学校の先生達がグラフィックファシリテーションできるようになったら絶対良い!
さらに教育現場で子供達が描き合えるようになったら絶対良いから!!
そう言って、シリーズで3回のグラフィックファシリテーション講座を、校長先生を説得して、先生全員参加で実現してくださいました。

校長先生が、今度から職員会議は、これでやりましょう!!と先生達に提案。
生徒達の話し合いの場でも「いじめをなくすにはどうしたらいいか?」とか、難しいテーマも、こうやって描きながらなら皆んなで自分ごとにしながら話合わせよう!と導入を進めてくださることになりました。

残り2回の講座も楽しみです!!