グラフィック・ファシリテーション講座(2017年12月以降〜)

今後のグラフィック・ファシリテーション講座の予定を一覧でご案内いたします。

現在開催しているグラフィック・ファシリテーション講座は、
基礎1日講座』と『アドバンス1日講座』があります。

主催者の違いにより詳細の講座名が異なる場合がございますが、
内容や参加費は同じですので、
まずはどなたも『基礎1日講座』にご参加いただけますようお願いいたします。

 

★2018年01月06日(土)11:00〜19:00 満席
基礎1日講座《大阪開催》
グラフィック・ファシリテーション1日講座【基礎編】

 

★2018年01月07日(日)10:00〜18:00 満席
アドバンス1日講座《大阪開催》
グラフィック・ファシリテーション1日講座【アドバンス編】

 

★2018年02月03日(土)11:00〜19:00
基礎1日講座 ※DOD様主催イベント
グラフィックファシリテーション1Dayワークショップ

 

★2018年02月11日(日)10:00〜18:00
基礎1日講座《広島開催》
グラフィック・ファシリテーション1日講座【基礎編】

 

★2018年02月12日(月・祝)09:00〜17:00
アドバンス1日講座《広島開催》
グラフィック・ファシリテーション1日講座【アドバンス編】

 

★2018年02月18日(日)10:00〜18:00
アドバンス1日講座 ※DOD様主催イベント
グラフィックファシリテーション・アドバンス編

 

************************************

 

グラフィック・ファシリテーションの導入を検討する
企業のご担当者様向けの無料イベントを開催しております。
まずは気軽に体験にお越しください。

 

★2017年12月11日(月)14:00〜17:00

対話(はなし)を見える化する『グラフィック・ファシリテーション』入門編

 

************************************

2/26感じ取る力&構造化する力を鍛える!グラフィックファシリテーション・アドバンス編

*グラフィックファシリテーション1Dayワークショップ参加者を対象に、アドバンス編を開催いたします。

人が対話をするのは、何かを共有したり、共通しているものを発見したり、みんながのぞんでいる未来に向かうため。そんなときにグラフィックを活用すると、目に見える現実レベルでの結びつきだけでなく、感情や願いや想いなどお互いの心情的な強い共感が生まれ、人と人の関係性を深めることにつながります。

<対話を絵に起こすことのメリット>

・話の内容が見える化できる
・話の内容が分かりやすく伝えられる
・議論が活性化する&大胆になれる(発言、発想が自由になる)
・議論のテーマやプロセスが見える(ギャップやヌケモレも分かりやすい)
・議論を共有&共感できる(一体感、自分も議論に参加していた感が高まる)
・議事録よりも読んでいて楽しい。読みたくなる。雰囲気も伝わる
・記憶を定着させやすい

また、Amazonのベソス氏は社内でのパワーポイントの使用を禁止していますが、一方的なパワーポイントによる営業活動やプレゼンテーションでなく、目の前のクライアントと関係性を築きながら、一緒にニーズを具現化していく時に、グラフィックファシリテーションの力は大変有効となります。

基礎編にあたるグラフィックファシリテーション1Dayワークショップでは、

1、対話を構造化する
2、対話を活性化する

という2種類のファシリテーションやレコーディングの解説に加えて、特に2の「対話を活性化する」ために、その場で話されている言葉をグラフィックに落とし込むときや、言葉や形になっていない「場の感じ」を表現するコツなどを学びました。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のアドバンスコースでも、1Dayワークショップ同様にグラフィックファシリテーターやシステムコーチとして活動をされている山田夏子さんにお越しいただき、活性化の根本となる感じ取る力と、構造化について、実践を通して学んでいきます。

<内容>

●活性化の根本となる感じる力のトレーニング
・構造化を手放す
・心で聴く練習
・感じたままを表現する

●少し左脳よりの抽出、構成についてのトレーニング
・目的の重要性
・どう構造化し、それを例えるか
・抽出、収束
・整理
・フレームワーク

特にトレーニングのポイントとなるのは、「正しさよりも美しさを拾う」ということです。
これは、議論の見える化をしていく上で、グラフィックファシリテーターとして何を拾うかのポイントとなります。

議論というのは、案外しっちゃかめっちゃかに話されていることが多く、自分自身が議論の合意形成にメンバーとして参加している際には、そのしっちゃかめっちゃかなままを描きき表せばいいのですが、グラフィックレコーディングのように、その場で決め打ちで描かないといけない時などは、事実ベースでそのまま表現するというよりも、交わされている会話や議論の”魅力的な特徴”を表現をする必要があります。

「正しく描かなきゃ」とグラフィックファシリテーターが思って描くと絵が硬くなり、場も硬くなってしまいます。正しく書くことを手放して、事実を魅力的な特徴(もしくは興味深い特徴)として捉えて描いていく。これは、コーチングの傾聴と似ているスキルです。

場の目的に合わせて、ファシリテーターの”在り方そのものが絵として表現される”ということを理解し、そこに意識的に描くことで場に介入するという、かなり実践的なトレーニングとなります。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのアドバンス講座に参加ご希望の方は、グラフィックファシリテーション1Dayワークショップの参加が受講条件となりますので、未受講の方は前日の講座もあわせてお申込みください。
連続でお申込みされると、5,000円割引となり大変お得です。

2/25(土)開催 グラフィックファシリテーション1Dayワークショップ
http://world-cafe.net/event/post-57.html

【対象】
● これまで山田夏子氏のグラフィックファシリテーション1Dayワークショップに参加された方
● グラフィックを活用したファシリテーションや営業活動に興味のある方
● 会議や研修にグラフィックファシリテーションの導入を検討されている研修企画や人事担当者
● 対話の手法や場を活用して、よりよい組織や社会をつくっていきたいと思っている方

【ファシリテーター】
1

山田夏子(やまだ・なつこ)さん
株式会社しごと総合研究所 代表
クリエイティブトレーナー/ファシリテーター、アートコーチ

クリエイターを養成するバンタンにて約11年間、スクール講師、スクールディレクター、各校館長を歴任。デッサンやアートトレーニングの授業から、ヘアメイク・ビジュアル・インテリアのスクール管理、人事にて社員教育に携わり、輩出した卒業生は1,500人を越える。その後、人材ビジネス部門にて、クリエイターのキャリアカウンセラー、コーチ、スキルUPトレーナーとして、社内外にて活動。現在は独立し、感性開発を軸としたチームビルディング研修やリーダーシップ研修、プロジェクトファシリテーション、教育コンサルティング等を主な活動としている。

【開催日時】
2017年2月26日(日)10:00 – 18:00

【会場】
東京体育館 第4会議室 http://www.tef.or.jp/tmg/map.jsp
JR中央線(普通)・総武線「千駄ヶ谷」下車徒歩1分
都営地下鉄大江戸線「国立競技場」A4出口

【定員】
12名(先着順、定員になり次第締め切り)

【参加費】
30,000円 (消費税8%込、事前振込)
※お申し込み後、お振込みに関するメールが自動で送られます。

【キャンセル規定】
ワークショップ開催8日前を経過の後、お客様のご都合によりャンセルされた場合、下記の通りキャンセル料金をいただきます。なお、返金の際の送金手数料はお客様負担とさせていただきます。
・8日前までのキャンセル・・・・・無料
・7日前~4日前 ・・・・・・・・・参加費の50%
・3日前~当日、開催後・・・・・・参加費の100%

【お申込み】
https://pro.form-mailer.jp/fms/2416d7df108308

【お問い合わせ】 ダイナミクス・オブ・ダイアログ(DOD)事務局

お申し込みフォーム送信後、申込み内容確認と参加費お支払いに関する自動返信メールが送られます。1時間以上たってもメールが届かないという場合は、迷惑メールフォルダに入っていたり、何らかのエラーで届いていないという可能性がございますので、大変恐れ入りますが、お問合せフォームよりお知らせください。

★お問い合わせフォーム ⇒ https://ssl.form-mailer.jp/fms/d5b851f4138258

 

2/25 対話を見える化する!グラフィックファシリテーション1Dayワークショップ

ワールドカフェというのは模造紙に「落書き」風に対話の内容を書き残していく手法ですが、参加者としていざペンを手にしてみると、落書きといってもキーワードや短いセンテンスを書いたり、矢印を引いて丸や四角で囲むくらいという方は多いのではないでしょうか?またホワイトボードを活用した会議等でも同様ではないかと思います。

様々なグラフィックを活用して、もっとイキイキとした、人の印象に残るような記録を残したい!という気持ちはあれど「私は絵がヘタなんで・・・」と描く前からあきらめている人も多いのではないでしょうか?

そこで今回、クリエイターを養成するバンタンで長年人材育成に関わり、現在はグラフィックファシリテーターやシステムコーチとして活動をされている山田夏子さんにお越しいただき、そんな人でも活用できるグラフィック・ファシリテーションのワークショップを行っていただきます。

1

人が対話をするのは、何かを共有したり、共通しているものを発見したり、みんながのぞんでいる未来に向かうため。そんなときにグラフィックを活用すると、目に見える現実レベルでの結びつきだけでなく、感情や願いや想いなどお互いの心情的な強い共感が生まれ、人と人の関係性を深めることにつながります。

また、Amazonのベソス氏は社内でのパワーポイントの使用を禁止していますが、一方的なパワーポイントによる営業活動やプレゼンテーションでなく、目の前のクライアントと関係性を築きながら、一緒にニーズを具現化していく時に、グラフィック・ファシリテーションの力は大変有効となります。

今回は、

1、対話を構造化する
2、対話を活性化する

という2種類のファシリテーションやレコーディングの解説に加えて、特に2の「対話を活性化する」ために、その場で話されている言葉をグラフィックに落とし込むときや、言葉や形になっていない「場の感じ」を表現するコツなどをお伝えいただきます。

1

また、実際の対話のシーンをレコーディングする山田夏子さんのデモや、参加者同士でお互いの対話をレコーディングする実践トレーニングなども加えた、充実した内容の1Dayワークショップになっています。

これだけ実際の経験に基づいた内容を、わかりやすく、そして実践的に体験できる機会は他ではそうありません。
ぜひお早目にお申し込みください。

<対話を絵に起こすことのメリット>

・話の内容が見える化できる
・話の内容が分かりやすく伝えられる
・議論が活性化する&大胆になれる(発言、発想が自由になる)
・議論のテーマやプロセスが見える(ギャップやヌケモレも分かりやすい)
・議論を共有&共感できる(一体感、自分も議論に参加していた感が高まる)
・議事録よりも読んでいて楽しい。読みたくなる。雰囲気も伝わる
・記憶を定着させやすい

より実践的なトレーニングができるアドバンス編を
翌日2/26(日)に開催予定ですので、あわせてご検討ください。
同時に申し込みをされると、参加費が5,000円割引となり大変お得です。
感じ取る力&構造化する力を鍛える!グラフィックファシリテーション・アドバンス編
http://world-cafe.net/event/post-58.html

【対象】
● グラフィックを活用したファシリテーションや営業活動に興味のある方
● 会議や研修にグラフィック・ファシリテーションの導入を検討されている研修企画や人事担当者
● 対話の手法や場を活用して、よりよい組織や社会をつくっていきたいと思っている方

【ファシリテーター】
1

山田夏子(やまだ・なつこ)さん
株式会社しごと総合研究所 代表
クリエイティブトレーナー/ファシリテーター、アートコーチ

クリエイターを養成するバンタンにて約11年間、スクール講師、スクールディレクター、各校館長を歴任。デッサンやアートトレーニングの授業から、ヘアメイク・ビジュアル・インテリアのスクール管理、人事にて社員教育に携わり、輩出した卒業生は1,500人を越える。その後、人材ビジネス部門にて、クリエイターのキャリアカウンセラー、コーチ、スキルUPトレーナーとして、社内外にて活動。現在は独立し、感性開発を軸としたチームビルディング研修やリーダーシップ研修、プロジェクトファシリテーション、教育コンサルティング等を主な活動としている。

【開催日時】
2017年2月25日(土)10:00 – 18:00

【会場】
東京体育館 第4会議室 http://www.tef.or.jp/tmg/map.jsp
JR中央線(普通)・総武線「千駄ヶ谷」下車徒歩1分
都営地下鉄大江戸線「国立競技場」A4出口

【定員】
16名(先着順、定員になり次第締め切り)

【参加費】
25,000円 (消費税8%込、事前振込)
※お申し込み後、お振込みに関するメールが自動で送られます。メール受領後、8日以内にお振込みください。

【キャンセル規定】
ワークショップ開催8日前を経過の後、お客様のご都合によりャンセルされた場合、下記の通りキャンセル料金をいただきます。なお、返金の際の送金手数料はお客様負担とさせていただきます。
・8日前までのキャンセル・・・・・無料
・7日前~4日前 ・・・・・・・・・参加費の50%
・3日前~当日、開催後・・・・・・参加費の100%

【お申込み】
https://pro.form-mailer.jp/fms/5d33d616108307

【お問い合わせ】
ダイナミクス・オブ・ダイアログ(DOD)事務局

お申し込みフォーム送信後、申込み内容確認と参加費お支払いに関する自動返信メールが送られます。1時間以上たってもメールが届かないという場合は、迷惑メールフォルダに入っていたり、何らかのエラーで届いていないという可能性がございますので、大変恐れ入りますが、お問合せフォームよりお知らせください。

★お問い合わせフォーム ⇒ https://ssl.form-mailer.jp/fms/d5b851f4138258

1/9 感じ取る力&構造化する力を鍛える!グラフィックファシリテーション・アドバンス編

*グラフィックファシリテーション1Dayワークショップ参加者を対象に、アドバンス編を開催いたします。

人が対話をするのは、何かを共有したり、共通しているものを発見したり、みんながのぞんでいる未来に向かうため。そんなときにグラフィックを活用すると、目に見える現実レベルでの結びつきだけでなく、感情や願いや想いなどお互いの心情的な強い共感が生まれ、人と人の関係性を深めることにつながります。

<対話を絵に起こすことのメリット>

・話の内容が見える化できる
・話の内容が分かりやすく伝えられる
・議論が活性化する&大胆になれる(発言、発想が自由になる)
・議論のテーマやプロセスが見える(ギャップやヌケモレも分かりやすい)
・議論を共有&共感できる(一体感、自分も議論に参加していた感が高まる)
・議事録よりも読んでいて楽しい。読みたくなる。雰囲気も伝わる
・記憶を定着させやすい

また、Amazonのベソス氏は社内でのパワーポイントの使用を禁止していますが、一方的なパワーポイントによる営業活動やプレゼンテーションでなく、目の前のクライアントと関係性を築きながら、一緒にニーズを具現化していく時に、グラフィックファシリテーションの力は大変有効となります。

基礎編にあたるグラフィックファシリテーション1Dayワークショップでは、

1、対話を構造化する
2、対話を活性化する

という2種類のファシリテーションやレコーディングの解説に加えて、特に2の「対話を活性化する」ために、その場で話されている言葉をグラフィックに落とし込むときや、言葉や形になっていない「場の感じ」を表現するコツなどを学びました。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のアドバンスコースでも、1Dayワークショップ同様にグラフィックファシリテーターやシステムコーチとして活動をされている山田夏子さんにお越しいただき、活性化の根本となる感じ取る力と、構造化について、実践を通して学んでいきます。

<内容>

●活性化の根本となる感じる力のトレーニング
・構造化を手放す
・心で聴く練習
・感じたままを表現する

●少し左脳よりの抽出、構成についてのトレーニング
・目的の重要性
・どう構造化し、それを例えるか
・抽出、収束
・整理
・フレームワーク

特にトレーニングのポイントとなるのは、「正しさよりも美しさを拾う」ということです。
これは、議論の見える化をしていく上で、グラフィックファシリテーターとして何を拾うかのポイントとなります。

議論というのは、案外しっちゃかめっちゃかに話されていることが多く、自分自身が議論の合意形成にメンバーとして参加している際には、そのしっちゃかめっちゃかなままを描きき表せばいいのですが、グラフィックレコーディングのように、その場で決め打ちで描かないといけない時などは、事実ベースでそのまま表現するというよりも、交わされている会話や議論の”魅力的な特徴”を表現をする必要があります。

「正しく描かなきゃ」とグラフィックファシリテーターが思って描くと絵が硬くなり、場も硬くなってしまいます。正しく書くことを手放して、事実を魅力的な特徴(もしくは興味深い特徴)として捉えて描いていく。これは、コーチングの傾聴と似ているスキルです。

場の目的に合わせて、ファシリテーターの”在り方そのものが絵として表現される”ということを理解し、そこに意識的に描くことで場に介入するという、かなり実践的なトレーニングとなります。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのアドバンス講座に参加ご希望の方は、
DOD主催「グラフィックファシリテーション1Dayワークショップ」か、弊社主催「グラフィックファシリテーション講座【基礎編】」の参加が受講条件となりますので、未受講の方は12月の基礎講座もあわせてお申込みください。

12/10(土)開催 グラフィックファシリテーション講座【基礎編】
http://www.kokuchpro.com/event/yamada201612/

【対象】
● これまで山田夏子氏のグラフィックファシリテーション1Dayワークショップに参加された方
● グラフィックを活用したファシリテーションや営業活動に興味のある方
● 会議や研修にグラフィックファシリテーションの導入を検討されている研修企画や人事担当者
● 対話の手法や場を活用して、よりよい組織や社会をつくっていきたいと思っている方

【ファシリテーター】
1

山田夏子(やまだ・なつこ)さん
株式会社しごと総合研究所 代表
クリエイティブトレーナー/ファシリテーター、アートコーチ

クリエイターを養成するバンタンにて約11年間、スクール講師、スクールディレクター、各校館長を歴任。デッサンやアートトレーニングの授業から、ヘアメイク・ビジュアル・インテリアのスクール管理、人事にて社員教育に携わり、輩出した卒業生は1,500人を越える。その後、人材ビジネス部門にて、クリエイターのキャリアカウンセラー、コーチ、スキルUPトレーナーとして、社内外にて活動。現在は独立し、感性開発を軸としたチームビルディング研修やリーダーシップ研修、プロジェクトファシリテーション、教育コンサルティング等を主な活動としている。

【開催日時】
2017年1月9日(月・祝)10:00 – 18:00

【会場】
東京体育館 第2会議室 http://www.tef.or.jp/tmg/map.jsp
JR中央線(普通)・総武線「千駄ヶ谷」下車徒歩1分
都営地下鉄大江戸線「国立競技場」A4出口

【定員】
20名(先着順、定員になり次第締め切り)

【参加費】
30,000円 (消費税8%込、事前振込)
※お申し込み後、お振込みに関するメールが自動で送られます。

【キャンセル規定】
ワークショップ開催8日前を経過の後、お客様のご都合によりャンセルされた場合、下記の通りキャンセル料金をいただきます。なお、返金の際の送金手数料はお客様負担とさせていただきます。
・8日前までのキャンセル・・・・・無料
・7日前~4日前 ・・・・・・・・・参加費の50%
・3日前~当日、開催後・・・・・・参加費の100%

【お申込み】
https://pro.form-mailer.jp/fms/41ad1b8b99456

【お問い合わせ】 ダイナミクス・オブ・ダイアログ(DOD)事務局

お申し込みフォーム送信後、申込み内容確認と参加費お支払いに関する自動返信メールが送られます。1時間以上たってもメールが届かないという場合は、迷惑メールフォルダに入っていたり、何らかのエラーで届いていないという可能性がございますので、大変恐れ入りますが、お問合せフォームよりお知らせください。

★お問い合わせフォーム ⇒ https://ssl.form-mailer.jp/fms/d5b851f4138258

 

12/10 絵が苦手な人でも大丈夫! ★ グラフィック・ファシリテーション1日講座【基礎編】

f6097cfeed08ffb024d65ebe8d85d707_original

対話を見える化する『ファシリテーション・グラフィック』の技術を身に付けましょう。
線の引き方、丸の書き方から一緒にトレーニングします。

==================

会場:キンダリーインターナショナル 明石・日本橋校
住所:東京都中央区入船3-10-7 有楽堂ビル2階 地図
料金制度:有料イベント
事務局:株式会社しごと総合研究所
お問合せはコチラ →

==================

<イベント詳細>

グラフィック・ファシテーションとは、
ワークショップや会議などの内容はもちろん、
言葉では伝えきれない思いなどを、
絵や文字で表現するコミュニケーション手法です。

グラフィック・ファシリテーションを使うと、

①話をわかりやすく構造化する
②気持ちやアイデア、関係性を活性化する

ことができます。

そのため、頭の中が整理されるだけでなく、
ひらめきが起きたり、対話や議論などが記憶に定着しやすい
共有や共感が進み、関係性がよくなって、さらに対話がすすむ
といったメリットもあります。

しかし、
グラフィック・ファシリテーションをやってみたい!
というお声を聞く一方で

じつは絵が苦手で・・・
人前で絵を書くのが恥ずかしい・・・

という方も多くいらっしゃいます。

ですが、この講座は
そういう絵が苦手な方にこそ
ご参加いただきたいと思っています。

線の引き方、円の書き方から一緒に実践して
絵心に自信の無い方でも、

楽しく、
気軽に、
リラックスして、

グラファシ(グラフィック・ファシリテーション)を実践できるよう
トレーニングしていきます。

グラファシを学んだことが無い方は、
まずはこの講座にご参加ください。

<グラファシはこんなときに役立ちます>

・会議をもっと良くしたい
→論点がずれて、別の話になってしまう
→なかなか決められない。堂々めぐりの議論を解消したい
→なかなか発言が出ない。もっと会議を活性化したい
→もっとクリエイティブで建設的な話し合いにしたい
→議事録がつまらない。大切なことが伝わらない。

・ファシリテーションのレベルアップのために
→対話を構造化してわかりやすく伝える
→対話を振り返ることができ、さらに議論が深まる
→対話の場にあるムードを客観的に見ることができる
→参加者の関係性にアプローチする手法として
《チームビルディングや組織開発のために》

・営業や提案、プレゼンの場面で
→お客様の要望を見える化し、課題を共有する
→お客様への提案内容をグラフィックでレベルアップ
→共有、共感の輪を広げるプレゼンテーションに
→イベントやカンファレンス内容をグラフィックレコーディングする

<講座内容>

①対話や議論の中で話されている言葉を抽出する方法
②抽出したものをグラフィックにするコツ
③言葉や形になっていない場の雰囲気を表現する方法
を学ぶことができます。
そのために必要なグラフィックの技術は、
実際に講座の中で手を動かしながら身に付けていきます。

<日程>
2016年12月10日(土)10時~18時00分(開場9時40分)

<会場案内>
キンダリーインターナショナル 明石・日本橋校
(東京都中央区入船3-10-7 有楽堂ビル2階)

★交通アクセス
東京メトロ有楽町線「新富町駅」から徒歩2分
JR・日比谷線「八丁堀駅」から徒歩8分

<定員>
20名 *集まり次第締め切らせていただきます。

<参加費>
2万5000円(税込)

*お支払いは銀行振込のみとなります。
*お申込みから1週間以内に参加費のお振込みをお願いいたします。
*お振込み完了をもって、正式申込とさせていただきます。

<キャンセル規定>
お客様のご都合によりャンセルされた場合、下記の通りキャンセル料金をいただきます。
なお、返金の際の送金手数料はお客様負担とさせていただきます。

・8日前までのキャンセル・・・・無料
・7日前~4日前 ・・・・・・・・参加費の30%
・3日前~当日・・・・・・・・・参加費の100%

お申込みはコチラ ⇒ https://www.kokuchpro.com/event/yamada201612/entry/

<講師>
山田夏子(やまだなつこ)

yamada_photo

株式会社しごと総合研究所 代表取締役
クリエイティブファシリテーター/システムコーチ
http://www.shigotosoken.jp/

武蔵野美術大学造形学部卒業
株式会社バンタンにて、スクールディレクター、各校館長を歴任。人事部教育責任者として社員、講師教育、キャリアカウンセリング、人事制度改革に従事。独立後、株式会社しごと総合研究所を設立。教育現場での経験から、人と人との関係性が、個人の能力発揮に大きな影響を与えていることを実感し、体験学習やシステムコーチングを軸とした組織開発やチームビルディング事業を展開。また、関係性を見える化するクレイワークやグラフィックファシリテーションを得意とし、企業・組織のチームビルディングから、教育現場でのクラスづくりや教員同士の関係作り、地域での住民の関係作り等、様々な現場で活動。2児の母としても、未来を担う子ども達に、豊かな関係性のある社会を残せるよう日々奮闘中。

サンタフェ/NLP発達心理学協会認定 NLPマスターレベル修了、
NLPライフコーチ 、BCB認定トレーナー、
生涯学習財団認定コーチ/CTI JAPAN 応用コース修了
CRR Global認定 Organization & Relationship Systems Certfied

gf_image (3)

<参加者の声をいただきました!>

・明日から早速練習してみたいです。グラフィックファシリテーションの理解が変わり、広がりました。まずは慣れてみたいです!(長谷川晃大さん)
・「ペンの持ち方」は予想外でしたが、知ってとてもよかったです。基本は黒、場の感情を描く、ということを学んだ点は特に大きな収穫になりました。とても楽しかったです。(伊藤素美子さん)
・友人に紹介してもらい、ずーっと気になっていました。整理して分かりやすく内容を伝えるものだと…ほんわか思っていました。でも、思いをそのまま描いていいんだ!ということを知りました。次回の講座も参加したいです。(鈴木夏樹さん)
・活性化と構造化を一緒にやろうと思っていましたが、まずは構造化を捨てる(順番がある)ことが重要だと知れたことが良かったです。講座全体を通して自分の活性化に繋がりました。ありがとうございます。(藤崎雄三さん/研修講師)
・絵を描いてみよう、描いてみたい、と思うようになりました。あまり難しく考えず、絵を描けばよいと思うようになりました。線をまっすぐ引くのには気合と集中が必要だと感じました。(あーちゃん)
・最高でした! 自分のファシリテーション&プライベートにも活かせる&活かしたいアイデアが沢山浮かびました。また、スピーディに絵を描くコツが身につきました。本当にありがとうございました。とても勉強と刺激になりました。(えーこさん)
・描くことは楽しい♡と思えました。まずは自分用の日記から始めてみようと思います。ありがとうございました。なっちゃんの創る場も大変心地良かったです。(植田ゆうこさん/コーチ)
・評価判断せず、人の話を聞くということはどういうことかわかって、ファシリテーターとしての立ち位置を改めて意識できました。まずは拡散させて、収束させることが大事だとわかりました。描くのは楽しい!練習します。(遠藤理子さん)
・とにかく楽しく、あっという間でした。アイコンや感情表現など、たった1日で表現の幅が広がってすごくうれしいです。また、グラファシの効果や理論的なところもコンパクトに分かりやすく教えていただき大満足でした。ありがとうございました!(匿名希望/企業人事&コーチ)