企業様にて、グラフィックファシリテーションを行いました。


以下、イベント終了後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

昨日今日と、別々の企業様で、グラフィックファシリテーションの機会をいただき、描いて来ました。
びっこ引きながら、ピボットターンで。笑
描いてる時は足の痛みも全くないから不思議。
もう本当に純粋欲求から描いているんでしょう。笑

それにしてもどちらの企業様も、テーマは、『ダイバーシティ(多様性)』(詳しくは、女性活躍推進だったり、各自のクセをどうチームの活力に変えるか?とかではありますが…)
組織やチームとしての受け入れる器の広がりも必要だろうし、各自が自分自身を受け入れる器の広がりも必要。(同じことでもありそうだけど…)
どちらも鏡の様に影響しあってる。
松葉杖を振りかざして遊ぶ、ウチの2歳児&5歳児は、かなり自分自身を受け入れてる感じがするのだけど、、、
そのうち私のガミガミが、家族としての器を狭めることになるのかしら??
なんてボンヤリ思いながら…笑

今度の法人向け体験会の対話テーマも前回同様『ダイバーシティについて』です。
ぜひ、様々、異業種の企業が垣根を越えて、このテーマで話していただくことで、新たなイノベーションが生まれると思います。
グラフィックファシリテーションの議論の活性化のパワーを感じてください。