*グラフィックファシリテーション1Dayワークショップ参加者を対象に、アドバンス編を開催いたします。

人が対話をするのは、何かを共有したり、共通しているものを発見したり、みんながのぞんでいる未来に向かうため。そんなときにグラフィックを活用すると、目に見える現実レベルでの結びつきだけでなく、感情や願いや想いなどお互いの心情的な強い共感が生まれ、人と人の関係性を深めることにつながります。

<対話を絵に起こすことのメリット>

・話の内容が見える化できる
・話の内容が分かりやすく伝えられる
・議論が活性化する&大胆になれる(発言、発想が自由になる)
・議論のテーマやプロセスが見える(ギャップやヌケモレも分かりやすい)
・議論を共有&共感できる(一体感、自分も議論に参加していた感が高まる)
・議事録よりも読んでいて楽しい。読みたくなる。雰囲気も伝わる
・記憶を定着させやすい

また、Amazonのベソス氏は社内でのパワーポイントの使用を禁止していますが、一方的なパワーポイントによる営業活動やプレゼンテーションでなく、目の前のクライアントと関係性を築きながら、一緒にニーズを具現化していく時に、グラフィックファシリテーションの力は大変有効となります。

基礎編にあたるグラフィックファシリテーション1Dayワークショップでは、

1、対話を構造化する
2、対話を活性化する

という2種類のファシリテーションやレコーディングの解説に加えて、特に2の「対話を活性化する」ために、その場で話されている言葉をグラフィックに落とし込むときや、言葉や形になっていない「場の感じ」を表現するコツなどを学びました。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のアドバンスコースでも、1Dayワークショップ同様にグラフィックファシリテーターやシステムコーチとして活動をされている山田夏子さんにお越しいただき、活性化の根本となる感じ取る力と、構造化について、実践を通して学んでいきます。

<内容>

●活性化の根本となる感じる力のトレーニング
・構造化を手放す
・心で聴く練習
・感じたままを表現する

●少し左脳よりの抽出、構成についてのトレーニング
・目的の重要性
・どう構造化し、それを例えるか
・抽出、収束
・整理
・フレームワーク

特にトレーニングのポイントとなるのは、「正しさよりも美しさを拾う」ということです。
これは、議論の見える化をしていく上で、グラフィックファシリテーターとして何を拾うかのポイントとなります。

議論というのは、案外しっちゃかめっちゃかに話されていることが多く、自分自身が議論の合意形成にメンバーとして参加している際には、そのしっちゃかめっちゃかなままを描きき表せばいいのですが、グラフィックレコーディングのように、その場で決め打ちで描かないといけない時などは、事実ベースでそのまま表現するというよりも、交わされている会話や議論の”魅力的な特徴”を表現をする必要があります。

「正しく描かなきゃ」とグラフィックファシリテーターが思って描くと絵が硬くなり、場も硬くなってしまいます。正しく書くことを手放して、事実を魅力的な特徴(もしくは興味深い特徴)として捉えて描いていく。これは、コーチングの傾聴と似ているスキルです。

場の目的に合わせて、ファシリテーターの”在り方そのものが絵として表現される”ということを理解し、そこに意識的に描くことで場に介入するという、かなり実践的なトレーニングとなります。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのアドバンス講座に参加ご希望の方は、
DOD主催「グラフィックファシリテーション1Dayワークショップ」か、弊社主催「グラフィックファシリテーション講座【基礎編】」の参加が受講条件となりますので、未受講の方は12月の基礎講座もあわせてお申込みください。

12/10(土)開催 グラフィックファシリテーション講座【基礎編】
http://www.kokuchpro.com/event/yamada201612/

【対象】
● これまで山田夏子氏のグラフィックファシリテーション1Dayワークショップに参加された方
● グラフィックを活用したファシリテーションや営業活動に興味のある方
● 会議や研修にグラフィックファシリテーションの導入を検討されている研修企画や人事担当者
● 対話の手法や場を活用して、よりよい組織や社会をつくっていきたいと思っている方

【ファシリテーター】
1

山田夏子(やまだ・なつこ)さん
株式会社しごと総合研究所 代表
クリエイティブトレーナー/ファシリテーター、アートコーチ

クリエイターを養成するバンタンにて約11年間、スクール講師、スクールディレクター、各校館長を歴任。デッサンやアートトレーニングの授業から、ヘアメイク・ビジュアル・インテリアのスクール管理、人事にて社員教育に携わり、輩出した卒業生は1,500人を越える。その後、人材ビジネス部門にて、クリエイターのキャリアカウンセラー、コーチ、スキルUPトレーナーとして、社内外にて活動。現在は独立し、感性開発を軸としたチームビルディング研修やリーダーシップ研修、プロジェクトファシリテーション、教育コンサルティング等を主な活動としている。

【開催日時】
2017年1月9日(月・祝)10:00 – 18:00

【会場】
東京体育館 第2会議室 http://www.tef.or.jp/tmg/map.jsp
JR中央線(普通)・総武線「千駄ヶ谷」下車徒歩1分
都営地下鉄大江戸線「国立競技場」A4出口

【定員】
20名(先着順、定員になり次第締め切り)

【参加費】
30,000円 (消費税8%込、事前振込)
※お申し込み後、お振込みに関するメールが自動で送られます。

【キャンセル規定】
ワークショップ開催8日前を経過の後、お客様のご都合によりャンセルされた場合、下記の通りキャンセル料金をいただきます。なお、返金の際の送金手数料はお客様負担とさせていただきます。
・8日前までのキャンセル・・・・・無料
・7日前~4日前 ・・・・・・・・・参加費の50%
・3日前~当日、開催後・・・・・・参加費の100%

【お申込み】
https://pro.form-mailer.jp/fms/41ad1b8b99456

【お問い合わせ】 ダイナミクス・オブ・ダイアログ(DOD)事務局

お申し込みフォーム送信後、申込み内容確認と参加費お支払いに関する自動返信メールが送られます。1時間以上たってもメールが届かないという場合は、迷惑メールフォルダに入っていたり、何らかのエラーで届いていないという可能性がございますので、大変恐れ入りますが、お問合せフォームよりお知らせください。

★お問い合わせフォーム ⇒ https://ssl.form-mailer.jp/fms/d5b851f4138258