十文字学園女子大学様にて、グラフィックファシリテーションの講義を行いました。


以下、イベント終了後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

十文字学園女子大学の皆さんに2回に渡りグラフィックファシリテーションの講義をさせていただきました。
グラファシが彼女達女性の社会での1つの有効な武器になってくれたらと思って関わらせていただきました。

大学生って、ちょうど「自分で決める」ことが格段に増える時期。
その岐路に、常に自分の気持ちに正直に耳を傾けられる事。これが健やかなファシリテーションの力を育んでくれるベースなのだと思っています。

授業最後にみんなに質問。

「自分は何故、この大学でこの学問を学んでいるのか?」
「自分は何故、この職業に就きたいのか?」

この問いと何度もなんども向き合いながら大学生活を過ごして欲しいなぁ〜と思っています。
松永 修一先生、学生の皆さん、ありがとうございました!
なんとかその後の主催の勉強会にも間に合いました!!笑