LEADER’S FES!にてグラフィックファシリテーションを行ないました。


以下、実施後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

6月17日土曜日。
盟友上田 雅美のチャレンジを応援すべく、私のもとでグラフィックファシリテーションを学んでくれた仲間達を集めて、
リーダーシップのカンファレンスでチームで描いて来ました。
https://leaderjuku.jimdo.com/

そう、土曜日なので、
私はNHKの放送の後、駆けつけると、
仲間達が、嬉しそうにイキイキと描いて来たグラフィックと彼女達の姿があって、
なんかもう、それだけで達成感でした。

2日前のスカイプ打合せでは、
ロジスティックな話は殆どせず、
「心で描け!」「講演を聴く一番の感動屋さんでいるんだよ!」と、スカイプ打合せで、お客様先の会議室にもかかわらず、円陣組んでるかのようなテンション。笑
でも、それがちゃんと託せて、嬉しかった!

これは、誰が描いたグラフィックなのかが、一目瞭然な、それぞれの「らしさ」のある画風になってくれたことが何より嬉しかった。
1人で描くのではなく、チームで描く面白さや新たな可能性もたくさん感じてもらいながらあの場をみんなで経験できたこと、
新たな財産になりました。

カンファレンスにて、
リーダーシップとグラフィックファシリテーションをつなげて最後、一言お話しさせていただいたのですが、
場を人を、自分の心で感じて、それを表現していく。で、どうですか??と投げかけていく。
グラフィックファシリテーションは、一人一人のリーダーシップを見える化した姿でもあるんだなと思っています。
みんな、感じることを恐れがちだけど、思い切って開いて感じてみたことを、誰かに何かの形で伝えることこそ、人への影響は生まれるんだろうと思います。