春、大雪の富士の麓で行った新入社員研修。
そこに各参加チームのファシリテーター役として関わってくれた、その会社の中堅リーダーの皆さん。
普段は、北海道や新潟など、地元地域の現場職をされているので、本社が東京にあっても、なかなか集まれない。

夏子たっての希望で、どーしてもあのファシリメンバーに会いたいと人事の方に無理を言い、振り返りと称して月曜日、東京に集まっていただきました。
この初代ドリームチーム無くしては、今回の研修成功は無かったわけで、、、

もー、10人誰1人欠けずに集まって、笑顔を見せてくれるだけで泣けるわけです。(早い!早い!とつっこまれる笑)

中堅社員を集めたリーダーシップ研修にて、
新入社員研修のファシリテーターとして来てほしいメンバーを選抜。

年齢は20代〜50代、担当地域もバラバラ、本人達もリーダーシップ研修で初めて顔を合わせたメンバー。
振り返りで「なぜ僕が選ばれたのか??もっと最適な人がいたんじゃないか?」の問いに、私が答えたのは、
「関わり方が正しいか正しくないかはどうでも良くて、
人を育てることに、真剣に悩める人かどうかで選んでるんです。」
この答えに、当日悶絶するほど悩みながら関わってくれてた、みんなの地に足がついた。笑

後日談にもとにかく感動する。

研修後の早朝5時。
自分たちのチームのファシリテーターが先に帰ると知って、新入社員のチーム全員が玄関先に見送りに出て来ていた話。
中堅社員のファシリテーター達も、新入社員が配属される全国の部署の所長さん達に、電話やメールで、あの子達をよろしくお願いします。と、普段管轄外の部署に連絡をそっとしてくれていて、 所長さんから、「他のファシリテーター役だった方からも連絡もらったよ!」と笑って教えてもらったり、
私達の研修後、参加者の1人が具合が悪くなって、その後のマナー研修を受けれず、担当ファシリテーターに病院に連れて行ってもらっていたら、病院の待合室で、マナー研修出れないぶん、ここでお辞儀や挨拶の指導をしてほしい!と申し出て、2人で泣きながら練習したり、
いろんなところでいろんな変化が起き始めているようです。

はーもー、感動する!!
雪深かった富士の麓にも、花が咲いているように。