とある企業様にて、リーダーシップについての対話会を実施しました。


以下、実施後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

とある大手企業さまの新任管理職の方々に変化を起こすリーダーシップについて対話を2.5日間ひたすら行なっていくファシリテーションを実施しました。

濃かった。。。と、言いたいのは私じゃなくて受講者の方々でしょう。。。

よくぞこのキャラの濃い私とどっぷりディープな対話で、自分自身の恐れや未知の世界と向き合ってくれたなと、感謝でいっぱいです。
そして、このプログラムを設定してくださった企業さまの懐に恐れ入りました。

変化を先導するって、変化に対応することなのか?それとも自ら変化していくことなのか? そんな素朴な問いを受講者の方が投げかけてくれたことで、皆んなが自分に近づけて対話を始めた瞬間が素晴らしかった。
この問いを場に声に出すことから、もう彼らのリーダーシップは始まっているなぁ〜〜と。

まだまだ熱い対話は8月頭まで続きますが、私自身も自分を使いながらその場に寄り添い続けたいと思います。

この3日間終えた足で向かったNHKの打合せは、ヘロヘロだった。。。汗
こっちも寄り添いますっ!