名古屋におけるグラフィックファシリテーション講座について、コメントしました。


以下、山田夏子のコメントです。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

名古屋で、ありのりと最強タッグを組みます!
彼女とは、もう何年も前からシステムコーチングやらFacebookのやりとりで、共鳴し合っているのだけど、
実はまだ、実際に会ったことがないという…笑

当日はきっと、すごい対話が生まれると思うよ!
皆さん、名古屋へGO!!

。。。。。。。

【本音の対話を引き出す活性化ファシリテーション】
〜「ファシリテーターのリーダーシップの一本背負いでまとめあげるファシリテーション」からの脱却〜

7月15、16に、名古屋にて山田夏子さんを招き、「グラフィック・ファシリーテション基礎&アドバンス講座」を開催します。

グラフィク・ファシリーテションは、最近さまざまな講演会などでよく出会う「グラフィック・レコーディング(議事録)」とは一線を画すものとなります。

また、場で話されていることを「構造化」するファシリテーションとも全く違います。構造化は拡散した場をクリアし「落ち着かせる」ものでしょう。

しかし、グラフィックファシリテーションとは、シンプルに表現すると本音の対話を引き出すファシリテーションです。本音は場を熱っぽく「活性化」します。

本音で語ることが躊躇される場や、遠慮がある場において、それは非常に効果的なアプローチとなります。

また、参加者らがまだ言葉になっていないけど無意識に感じている「大切な何か」を引き出すものでもあります。それは、クリエイティビティのきっかけにもなります。

今回、ご縁があり、友人のなっちゃん(山田夏子さん)の当講座を主催させて頂くこととなりましたのは、働き方改革や女性活躍推進の健全な取組において、「本音」で話し合う場が不可欠と感じたからです。
ランチタイムには、グラファシを活用した具体的な組織開発取組事例をなっちゃんと対話形式でお伝えするコーナーも作りました。

非常に奥が深く、楽しく、目うろこなセミナーということで、大変人気があり、イベントページを作って一週間で、基礎コースは残席3名となってしまいました。(アドバンス編はまだ空きがあります。名古屋開催はめったにありませんので、この機会にぜひ同時受講はいかがでしょう)

※満席となった後も、キャンセル待ちも受け付けます。もし多数となりましたら、追加日程を作りたいと思います。

ぜひ、皆様のご参加をおまちしております。

◆セミナーお申し込み◆
・基礎編
http://kokucheese.com/event/index/513882/
・アドバンス編
http://kokucheese.com/event/index/513885/

以下、山田夏子さんインタビューより。グラファシの効果がよくわかる内容です。
*************************
『そもそも、私がある企業の会議に呼ばれて自分が通常の(絵を描かない)ファシリテーションをしていた時に、
ファシリテーターとして場に関われば関わるほど、参加者がお休みしていくというか、主体的にならない(参加者の心の声:まぁ、プロのファシリテーターが来てんだから、気の利いた質問してくれるよね…)。

最終的に、なんとか自分のリーダーシップで一本背負して、場をまとめたり前に進めるものの、それが本当にこの企業のその先の目的に繋がっていくのだろうか??という疑問が湧きました。

これをどう解決したらいいかな??
どうやったら参加者が主体的になってくれるのかな??

と思った時に「今日は、私は“人”として場には介入しません。皆さんが言うことを絵と文字で描いていくだけにしますね」と言って、参加者に背を向けて絵を描き始めたのがきっかけです。

いけてない話をいけてる風には描かないので、シーンとしていれば、シーンとした感じを描いて待つのみ。
その場の状況や雰囲気を鏡のように描くことで、絵が参加者に介入し、参加者が重い腰を上げて一人一人が少しづつリーダーシップを発揮して話し始めてくれるようになりました。

出会いとしたら、これが私の最初のグラフィックファシリテーションとの出会いだったと思います。』

http://www.healthbizwatch.com/project_n…/…/shigotosoken.html