アミタ株式会社さんと、しごと総研のコラボによって実現した、

地域再生を行っていく若者に、半年間をかけてリーダーシップを引き出していく

プログラムです。

以下は、アミタさんからの案内文。

各ステージ終了ごとに、状況報告していきますね~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●自分自身を変革し、地域に、社会に価値を生み出す人材へと成長する
「地域デザインリーダーシッププログラム」
—————————————————————

Produced by アミタ株式会社×株式会社しごと総研
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

持続可能社会の実現を目指し、再資源化事業を始め「循環型システム」をつくる
取り組みを展開し、2006年にはヘラクレス上場を果たしたアミタ株式会社。
そのアミタが現在、京丹後ラボ(京都府京丹後市)、那須ラボ(栃木県那須町)を
起点に、新たな持続可能な地域モデルを創るべく、事業を展開しています。
http://www.amita-net.co.jp/business/produce/

この現場で、2009年春より、一緒に事業に参画したいというメンバーを募集し、
「未来を創る地域デザインプロジェクト」を始めました。
プロジェクトメンバーは現在20名ほどで、7月25日にオープンを迎える
那須森林ノ牧場の牧場作りを始め、酪農・農作業等の実務のほか、
都市の人々と地域をつなぐ企画の立案、農産物のマーケティング戦略、
地域のを生かした新たな事業立案に取り組んでいただいています。

そんな「未来を創る地域デザインプロジェクト」において、
ひとりひとりの力が100%発揮できることを支援するために、
「地域デザイン・リーダーシッププログラム」をご提供します。

地域で、ひいては社会で価値を発揮できる人材へと成長するためには、
自身の人間力を高めることが必須であるからです。

〈プログラムの内容〉
このリーダーシップ研修では、
参加者ひとりがひとりが自らのリーダーシップスタイルに気づき、
それぞれの人間力を鍛えることに主眼をおいています。
ここで伝えるリーダーシップとは、ポジションや役割としてのリーダーではなく、
自分自身の中にある力を最大限に発揮し、人に影響を与えていくという能力
のことを意味しています。

8月から来年1月までの半年間で(第1回は8月1日(土)~2日(日)@東京)、
計4回の研修(2回の合宿研修含む)と、様々なグループワークを通して、
ひとりひとりのオリジナルのリーダーシップを引き出していきます。

・講師
株式会社しごと総研(http://www.shigotosoken.jp/
山田夏子氏
日座 育史氏
平田 淳二氏
佐藤扶由夫氏
相田浩康氏
川添香氏
松本潤二氏

(日本でも屈指のコーチの方々が計7名出席されます)

~対象となる人
・「未来を創る地域デザインプロジェクト」に関心のある人
・地域で自らビジネスを創造していくことに関心のある人
・プロジェクトを実践し、その中で自身の力を100%発揮できるようになりたい人

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃【2】 「未来を創る地域デザインプロジェクト」への関わり方
|    *メンバー募集締め切りは、7月26日(日)まで!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*「地域デザインリーダーシッププログラム」は、
「未来を創る地域デザインプロジェクト」の
コアメンバーを対象に開催される研修です。
説明会の参加は誰でも可能ですが、研修の受講は、コアメンバーに限られます。
・コアメンバーとは、本プロジェクトにおいて自身の果たすべき役割を担っている
メンバーを指します。研修への参加は必須とします。
・プロジェクトの関わり方は、個人の割ける時間・労力に合わせて調整します。
・「未来を創る地域デザインプロジェクト」は、ETIC主催の「次世代イノベーター
プログラム」http://www.etic.or.jp/innovators/project/amita.html
受入先になっています。
コアメンバーの一部は、イノベータープログラムの参加者でもあります。
尚、「地域デザインリーダーシップ研修」は、ETIC提供の研修とは異なります。