いよいよ始まりました。

『 地域デザイン・リーダーシッププログラム 』

アミタ株式会社×株式会社しごと総合研究所による、

地域再生を今後行っていく方々19人に向けたリーダーシッププログラム。

半年間、数回の研修とグループコーチングを行っていく

大きなプロジェクト。

しごと総研のメンバーも、8人がタッグを組んで

この場に臨みました。

「 天と地をつなぐ。無価値なもの(と思われているもの)からをも価値を見出す 」

これを合言葉に、

8月1,2日で行われたステージ1

参加していただいた方々に、チャレンジングな場を与えられるかどうかは、

運営している私たち自身が、チャレンジしているかどうかにかかっている。

暗黒のような、奇跡のような、なんとも忘れられない、

記憶に残る場が生まれたのは、、、

決して、プログラムの内容や、二人のリードのスキルが作用したのではなく、

この場を作ってくださった、アミタの担当の方々と、あの場をホールドしてくれた、しごと総研の仲間の、願いや愛情が作用していたのだと思います。

正直、日頃よく接している仲間の震えるようなチャレンジを、

目の当たりにしたのは、私も初めて。

相手の本気が、自分の本気に、

自分の本気が、みんなの本気に、

スイッチを入れる。

そして、何よりも、海のものとも山のものとも、よくよく分からない

この場に、思いきって飛び込んできてくれた、

参加者の皆さんあってこそ。

参加者の1人が、質問してくれた。

「 どうして、 地域や環境のことを話し始めたとたんに、

陳腐に聞こえてしまうんでしょうか? 」

地域や環境のことを話しても、陳腐に聞こえない人もいる。

それは、その人の実力や立場がそうさせているのではない。

話しているその人自身が、自分自身の大きさに、

OK!を出しているかどうか。

自分のことを、小さく捉えて、どうせ私なんて、、、と思っている人が、

地域や環境のことを言葉にした時、そこにはギャップが生まれ、

時として、陳腐に映ってしまうかもしれない。

まずは自分自身の大きさを、

その等身大を、

自分自身でそのまま受け取ること。

そんな自分が、地域や環境を語るとき、

その言葉には、リアリティがあるのだと思う。

リーダーシップのスタートラインに、

皆が立った。

私達、地域ドラゴン(リーダー陣の名称)も

同じラインに一緒に立った。

いよいよ始まったリーダーシッププログラム。

毎日の一瞬一瞬に、

自分に問う?

私に何ができるだろうか?

僕らに何ができるだろうか?

自分自身のリーダーシップも、

本当に日常で試される。

天と地をつなぐ、地域ドラゴンズは、

大きな船を漕ぎはじめた。