2009年12月6日

新宿区教育委員会 教育政策課からのご依頼で、

幼稚園から小学校低学年のお子さんを持つお母さん達が、

キラキラと輝くように元気であってほしい!との願いから、

お母さん同士のコミュニティーづくりの活動に、去年から取り組んでいます。

今回は、親子で未来の街をつくり、未来を語るというもの

はじめは、各自、自分のお家を制作。

みんなものすごい集中力で、子供も大人も黙々と作っています。

親子別々の場所でつくっているのに、できあがっているおうちがうり二つだったり、

男の子と女の子ではお家をつくる傾向が大きく違っていたり、、、

発見もいっぱい!!

そして、「お友達の家に遊びに行けるように、道を作ろう!」と呼びかけると、

一気に、エネルギーが上がり、参加しているみなさん同士がつながっていきます!

粘土のボールを用意して、道をころころ転がりながら、出会う人と会話をしていきます。

「ご職業は?」と聞かれたら、好きなようにでたらめに答えます。

この街で、一番好きな場所はどこですか?と、尋ねたら、

「いつも家の中にこもってばかりなので、街の中央にある広場がいいな。」と、

答えてくれたお母さん。

知らぬ間に、いろんな自分のつぶやきを発せられる場となりました。

また遊ぼうね!