第8回フロー・シンポジウム「生きる力を育む教育とは?」にて、
山田夏子がグラフィック・ファシリテーションを担当しました。

登壇者は、天外伺朗さん、民間校長の平川理恵さん、
シュタイナー教育を実践する子安美知子さんのお三方。

※イベントの詳細はこちら

http://flowinstitute.info/ftw8/index.html

以下、イベント終了後の山田夏子のコメントと
グラフィック・ファシリテーションの内容です。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

グラフィックレコーディング、やりきりました。汗。
非常にパワフルで刺激的で勇気のもらえる場でした。

とかく、教育関係のセミナーって、予定調和か現状を嘆く感じが多いんだけど、
流石!天外さんに子安さんに平川さんという組合せ。
温かくも確信のある力強さが場に湧いてきていた。
時間も忘れれば、描いてることも忘れるくらい話に夢中になってしまった。
お三方にネットへのUPを確認させて頂いたところ、
「どうぞ、今日来れなかった方々へも内容を提供してください。」
と言っていただけたので、全てを公開致します。
日本の教育、大丈夫だろうか? と不安に思うこともありますが、
お三方のどでかい器の笑顔と共に、
「大丈夫。素敵な子が育っているから。」の言葉が染みました。
さぁ、このエネルギーを明日の
「発達凸凹の子どもたちのためのセミナー」にバトンを繋ぎます!!

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –