マーニー・デューガン女史による週末WSの第1回
〜移り変わる時代の意識〜 にて、
山田夏子がグラフィック・ファシリテーションを担当しました。
以下、イベント終了後の山田夏子のコメントと
グラフィック・ファシリテーションの内容です。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
このワークショップが開催されると知った時に、1番思ったことは、近所のママ友誘って行きたい!! ということ。
どうしてもこういうセミナーって、コーチングやカウンセラーなどを専門的に学んでる人達が多く集まるのだけど、その人達にプラスして、日常的に子育てと向き合ってる多くの親御さんに知ってほしい。
日程の都合とか参加費の都合とか場所の都合とかアウェイ感の都合とか、、、そういうことで来れない方達の橋渡しになれたらと、グラフィックレコーディングをやらせて欲しいと申し出ました。
そうは言っても、私という主観を通して描いたものなので、これが全てマーニーが語ってくれた真実ではないけれど、極力分かりやすくシンプルに記憶にとどめられて、日常の育児に活かせるよう、全身全霊込めて描きました。
ファミリーコンパスさんとマーニーの広い心の元、ここに描いたもの全てを公開させていただきます。
私的には、
シュタイナー教育の概念、天外伺朗さんの話、システムコーチングの概念、コーアクティブコーチングの概念、NLP、プロセスワーク、松が丘助産院の宗先生の話、アユールヴェーダの蓮村先生の話、、、ぜーんぶぜーんぶ繋がった!
全ては、無知による思い込み。
善と悪の存在する&同質であることが安全という古い概念の思い込みから、全てに価値のある&未来は創造できるという新しい概念へ。もう今の子ども達は、新しい概念の元に生まれて来てる。その子ども達を大人が古い概念で縛って生き辛くさせないように。
世界の歴史を学んで来たマーニーだからこそ、何故戦争が起きたのか、何故テロが起きているのかを分かりやすく語ってくれた。
そして、この先、どんな風に子ども達を育てて行けばいいのか、DoingとBeing、価値観、思い込み、、、これらの関係性もスッキリ。
先ずは知ることから。
そして、次回マーニーは5月に来ます。
今回は概念の解説がメイン。
次回はいよいよ実践に入って行きます。
乞うご期待!