日本経営さまの戦略人事コンサルティング事業部が行う振り返り合宿にてグラフィックレコーディングを行ないました。

以下、イベント終了後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

日本経営 戦略人事コンサルティングさまの合宿。
1日目が終了しました。

ちょっと変な例えですが、
カメラマンがカメラを向けているうちにだんだん脱いでいく的な…の、
カメラの役目をグラフィックファシリテーションはしていると思うのです。(組織人としての彼らが着込んでいる鎧を脱いで、各自の気持ちを語る…という意味で)

今までの現場は、なかなか心の内までを語ってくれなさそうな場面で、いかに感情を引き出すか、が、グラフィックファシリテーションの持ち味でもあると思うのですが、
今回の合宿の場は、描く前にもう既にみんな脱いでる!笑
みたいな場だった訳です。
上司や部下、先輩後輩という上下の関係があるにもかかわらず、上の人間であっても、正直に今の自分の状態を語り合える。
これが普通に出来てるこの職場は凄い。
例えば、自分の今のコンディションが良くないことを、隠さず、恥じず、聞く側のメンバーを信頼して正直に語り&それを聞く側は受け取り、必要な問いや印象を発表者のために伝え合える。
なかなか無いですよ。
こんな組織。

描いたグラフィックは公開できませんが、組織全体の素敵さが、明日までに見える化できると思うと、ウキウキします。
この組織が1つの生命体として、どんな気持ちや想いがあるのか?明日はそこにも耳を澄まして描いて行きたいと思います。