『グラフィックファシリテーション講座基礎編』を開催しました。

以下、イベント終了後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

日曜日、グラフィックファシリテーション講座基礎編を開催しました。九州での震災直後のこともあり、冒頭お話しさせていただき、老若男女が平等に語れるグラフィックファシリテーションのスキルが、きっと今後必要になる。だからこそ、今日はこの講座にみんなで集中しよう!と始めさせていただきました。

講座を繰り返して行くうちに、私よりも年上の先輩方にご参加いただく割合が増えてきました!
しかも、年上の男性の方々ほど、とっても伸びやかな線を引き、イキイキと三次元的に描いてくださいます。
ちょっと意外だなぁ〜と思いつつも、この講座にいらっしゃる男性の方々って、きっと既に突き抜けていらっしゃる方々なんだろうなと理解。

絵を描くことにトラウマを感じていたという方が、絵を描く楽しさを初めて知りました!と感想を下さりました。まさに、一人一人の中のダイバーシティが始まってくれています。
これを続けて、日本のダイバーシティに繋げたいです。