『グラフィックファシリテーション講座アドバンス編』を開催しました。

以下、イベント終了後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

先週土曜日は、グラフィックファシリテーション講座アドバンス編を開催しました。
基礎編では、絵が苦手な人でも人前で絵を描くことのハードルがガッと下がり、日常の中に右脳的活動が広がっていくための講座となっています。

そして、一昨日のアドバンス編。

こちらは、グラフィックファシリテーションが如何に場の目的を効果的に促進できるものになるか?その肝の部分を徹底して身体で学んでいただく時間です。
今、グラフィックファシリテーション(レコーディングも共に)日本の中で、永続的に社会に価値を生む職業になりうるかの瀬戸際にあるように感じています。

まだまだ、日常に普及しきっていない分、ちょっと絵を含めて描けば、場は盛り上がるし、チヤホヤもされる。
でも、そこで満足していると、プロとして、本当にお金をいただいて提供する本質的な価値を浸透し切れず終わってしまう。
私の中には、そんな危機感もあり、結構アドバンスはスパルタ的に熱く指導を行っています。笑
単なるアイコンでその場の声を整理&見える化するだけではなく、その場に漂う感情をしっかりと受け止めて真摯に表現する。そこから生まれる場の大きな変革を信じて。
私自身もうかうかしていられません。日々修行です!

暑苦しい内容の投稿なので、日曜日のピクニックの一コマも差し込んで…笑

次回基礎コースはこちらです!
★グラフィックファシリテーション講座【基礎編】
2016年7月23日(土) 10:00〜17:30
http://www.kokuchpro.com/event/yamada201607/