民進党が開催したワークショップ、『市民の声を政策に!』にてグラフィックレコーディングを行いました。


以下、イベント終了後の山田夏子のコメントです。

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

今日のグラフィックレコーディングだん。
もう…シオシオのぱーであります。。。
昨日に引き続き、今日は政治家が若者の声に耳を傾けるワークショップ。
やっぱり、若い子達の声は、正直で純粋だから、大人の心に響きます。
今日は、あぁ、この声を残したい!と衝動的に手が動きました。
玉木議員も熱くて、そして明解だった。
そんなパワフルな玉木さんですら、若者の声に奮起されている様子が生きた政治を感じました。
政治の表面ではなく、本質をどう見抜くか。その目が市民に問われているなと感じた夜でした。